妊娠中はママの禁煙は当然!パパの副流煙もNGなので一緒に禁煙しましょう

妊娠を考えていて煙草を吸っている方は、今すぐに止めてください
妊活中に煙草を吸うと、人体に有害な作用によって妊娠しにくくなってしまいます。
当然のことですがこれは女性だけではなく男性側にも言えるでしょう。煙草による障害の発症として、女性の場合は排卵障害ですとか、男性に関しては精巣機能が低下するといった報告がされています。

副流煙も注意

副流煙
ですので、妊活中の方は女性だけでなく男性も禁煙するのが理想的です。今から子供を妊娠するために妊活し始める女性がすべきことは第一に、ママとなるため体の状態を整えておくことです。毎日の動作の繰り返しが原因で体がゆがみ始めますが、中でも骨盤の歪みは著しいです。
その歪みが不妊の原因となることもあります。整体院で不妊あるいはマタニティに力を入れている治療院が増えています。

赤ちゃんが過ごしやすい環境つくり

子宮を整える
赤ちゃんが出来やすく、過ごしやすくするため骨盤矯正を行いましょう。
葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠を望む方 あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる成分ですよね。ですが、体調が悪い時には、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも困難な場合もあるでしょう。無理な食事は体調を悪化させてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸は葉酸サプリ等を利用すれば葉酸をしっかりと補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。

葉酸は妊娠中期からも必要

葉酸必要な時期
妊娠初期のみ葉酸がいると思われがちですが、そうじゃないんですね。
妊娠中期~後期に渡っても胎児の成長を促したり、悪性貧血から母と子の身を守ってくれたり、妊娠高血圧症候群の予防をしてくれたりなど妊婦には必要不可欠な役目をしてくれるようです。ですので、授乳が終わるまでの間は、続けて葉酸を摂りましょう。子供を授かりたいと思うならば必要な栄養をきちんと摂るように努めた方が良いのですが、中でも葉酸が足りないことで、胎児の神経系に障害が発生しやすくなることが知られています。
葉酸はビタミンB群なので、水に溶けやすく過剰摂取にはなりにくいのですが、とても不足しやすい性質を持った栄養素なのです。例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物 そしてレバーなどにも多く含まれている栄養素なので、いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。結婚してから、もう七年目になりますがまったく妊娠できません。

不妊症の原因が不明

だけど、私の不妊症には原因がないんです。
様々な不妊チェックをしても決定的な原因がないため、改めるべき点もわかりません。この間 排卵誘発剤を使った不妊治療をしていたのですが、そろそろ人工授精を試してみようかと配偶者と話し合っています。葉酸の効能については色々あり発育する過程において脳や神経を作るので妊娠時の場合は1人分だけではなく、2人分必要とするために足りなくなるとされています。葉酸は特定保健用食品の指定を受けており、子供の二分脊椎をはじめとする神経間閉塞障害を予防する効果もあると書かれており、できるだけ積極的に摂取すると良いでしょう。お腹の中の赤ちゃんが健康に育つためにも、妊活においても必要不可欠な栄養素であるのが葉酸で、サプリメントによって葉酸を摂取した場合の影響は血液検査で容易に調べられます。くわえて、葉酸のほかに注目しておきたい検査結果の値としてはビタミンB12があるのです。

ビタミンB12も必要な栄養

なぜなら、ビタミンB12も葉酸と共に大切な栄養素なのですが、葉酸が過剰に摂取されると、ビタミンB12が不足したことが判断しにくくなってしまう事があります。クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

妊活アプリも活用しよう

タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いましたでも、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤で様子を見ることになりましたが、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。もっと早く来たかったですね。

葉酸摂取の目安

妊娠中の女性は、望ましい葉酸の摂取量が妊娠していない人より多くなり、妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ不足にも過剰にもならない量です。
ただし、葉酸が大事な栄養素だといっても、摂りすぎにならないよう気をつけることも必要です。葉酸の過剰摂取が引き起こす問題として全身の症状として、発熱やかゆみなどを引き起こした例も報告されておりくれぐれも摂りすぎにならないようにしてください。赤ちゃんを産みたいと思って妊活に取り組んだその時点から葉酸を意識的に摂取する事が大切だとされています。赤ちゃんが出来る前に体内に十分な量の葉酸が蓄積されている事がお腹の中の胎児の先天性奇形の予防においてとても効果的なのです。
妊娠中に必要な栄養摂取におすすめ葉酸サプリ
当然 妊娠3ヵ月頃までは継続して摂取する事が大切になってきます。妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、厚生労働省によって妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿とか汗で流出します
そのため、人体に留まって蓄積するという事はありません。とはいえ、過剰摂取によって最悪の場合 呼吸障害や発熱 かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。サプリ等で葉酸を摂取するときには、指示された用法を守って摂取するようにしてください